純白くんのブログ

純白が思ったことを書くだけのブログ。

純白くん的おすすめ「TED Talk」 3選

純白くん的おすすめ「TED Talk」 3選

みなさんこんにちは。純白です。

突然ですが、皆さんはTEDのスピーチは観ますでしょうか。

英語学習者にはお馴染みのTED Talkですが、日本での認知はあまりないかもしれません。

TEDとはTechnology Entertainment Designの略で、

学術(Technology)、エンタメ(Entertainment)、デザイン(Design)の専門家が

自分たちの専門分野についてプレゼンを行うという映像コンテンツです。

基本的に英語で行われるため、英語学習者が勉強するときのコンテンツとしても有名です。

今回はその中でも自分が好きなTED Talkである3つの動画を紹介したいと思います。

100日間の拒絶治療

1つ目は「100日間の拒絶治療(what I learned from 100 days of rejection)」です。

プレゼンテーターは北京生まれの起業家であるジア・ジアンです。

Youtubeに転載されているTED Talkは全て日本語字幕対応なので、

できれば英語のわからない人にも視聴して欲しいのですが

簡単に説明すると、拒絶に対する対処法をジア自身の治療体験とともに語るといった内容です。

彼は幼い頃に起業を志し、30歳で起業しました。

その際、資金調達で投資を受けようとしますが拒絶され強いショックを受けたそうです。

拒絶に対する恐怖をどう乗り越えようかとGoogle検索したところ1つのサイトを見つけました。

そのサイトはカナダの起業家が作ったもので、

30日間の課題を通して自身を拒絶の痛みからdesensitize(鈍感化)するプログラムです。

ジアはそれを100日間のプログラムに拡張して実践しました。

その内容は「見知らぬ人に100ドル借りる」だったりとか

「ハンバーガーチェーン店でハンバーガー食べ放題を打診する」など

絶対に拒絶されるような馬鹿げた課題ですが、

彼はその課題の中を熟すうちに、交渉というものは拒絶から始まり

そこから妥協点を探っていくものだと学んでいくという内容です。

細かいエピソードも面白いのでぜひ見てください。

自分を騙すのをやめる方法

お次は、メルロビンスの「自分を騙すのをやめる方法」です。

メルロビンスはめちゃくちゃ有名なTED Talkerなにでご存じの方もいるかもしれません。

「5秒の法則」でお馴染みのメルロビンスですが、

TEDでも自分の書籍で書いているのと同じことを言っています。

要するに「人間はやる気になることなど決してない」ということと

「アイディアが浮かんでも5秒でその情熱は冷めてしまう」ということです。

人間の感情や意志は恒常的であり、アップダウンが長く継続しません。

この法則はアンガーマネージメントなどにも活用されています。

知識自体はありふれていますが、

メルロビンスの喋り方が勇気を与えてくれるので大好きです。

自己啓発って何を言っているかよりも誰が言っているかのほうが重要な気がします。

彼女の説得力はすごいですね。

 

注意を逸らすテクニック

最後はアポロ・ロビンスの「注意を逸らす方法」です。

ここでいう注意を逸らすとはミスディレクションのことです。

ミスディレクションといえば、週刊少年ジャンプで一世を風靡して黒子のバスケが有名ですね。

人間にはスコトーマ(盲点)という領域があり、

その領域は実は資格では見えていないが想像力で補完している。

故に意識が別のところに集中しているときに話し相手のネクタイの色が変わっても

気が付くことができないのだ。

(それが白から黒のような急激な変化だったとしても)

「そんな馬鹿な」と思う人はこの動画をぜひ見てほしい。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は紹介系の記事でした。

ブログってアイディアなかなか浮かばないんですよ。

次はオリジナル記事で行こうと思うので乞うご期待。

それではまた次回、さようなら.

 

Return Top