純白くんのブログ

純白が思ったことを書くだけのブログ。

ドメスティックな彼女2巻の感想

ドメスティックな彼女2巻の感想

みなさんこんにちは。純白です。

今回はドメスティックな彼女の2巻についてのレビューと考察をしていきます。

1巻はレビュー済みなので是非過去記事のチェックをお願いします。

1巻では謎の存在だった「萩原柊」が登場します。

童貞卒業したばかりの主人公が、義姉であり、自分の思い人である陽菜の不倫関係を

目の当たりにして、その後どう行動していくのか。

早速見ていきましょう。

あらすじ

陽菜ちゃんはグリーンアイ

義理の姉であり、思いを寄せる相手でもある陽菜が不倫をしている!? 夏生と瑠衣は協力して、どうにか不倫相手を突き止めようと奔走する。そして遂に! 不倫相手の萩原柊と対面するが、柊は、別れる気などないと語る…。果たして、この歪な関係どんな終結を迎えるのか!?

コミックス第二巻裏表紙あらすじより

2巻の冒頭で、夏生が家出します。

陽菜は夏生に「(自分と萩原の関係は)踏み込むべきでない大人の世界」であると

夏生が、恋愛対象ではない旨を告げます。

その際に、夏生は陽菜にベットに押し倒されたのですが、

夏生はビビッてなにもできませんでした。

それに不甲斐なさを感じて家出したのだと思います。

瑠衣も陽菜に不倫をやめるように諭すが、

「好きな人に抱きしめられたことがない瑠衣にはこの気持ちはわからない」と一蹴。

夏生と瑠衣は、夏生の友人のフミヤの家に泊まることに。

そこで夏生と瑠衣は、陽菜と柊を別れさせる計画を立てます。

夏生の自己欺瞞

萩原柊と夏生たちは話し合いをすることになり。

話し合いの最中、柊は離婚を考えているので陽菜に待っていてほしいと提案。

身勝手さに憤慨した瑠衣が柊に水をぶっかけて逃走。

その様子を見ていた、陽菜は妹を哀しませていたことに気が付き、

柊との関係を清算することを決意する。

陽菜がフリーになったので、夏生は陽菜に告白する。

しかし、陽菜は私たちが付き合うということはこういうことだ

っと言い、夏生と入水しようとする。

つまり、不倫を「禁断の愛」として否定し、陽菜の恋人になろうとすることは、

陽菜の姉弟である自分自身もまた「禁断の愛」として否定されるということです。

この自己欺瞞を提示され、その覚悟があるかと陽菜に問われる夏生。

しかし、YESということはできずに告白は失敗する。

感想

作者が「禁断の愛」が好きなので、この作品を描いたことは前回述べたとおりですが、

血が繋がってない姉弟で恋愛ってそんなに「禁断の愛」感ありますかね。

自分の感覚からいうと、義姉も不倫も全然「禁断」って感じではないんですよね。

所詮は世間体が気になるだけというか。

ロミオとジュリエットみたいに結ばれたら国を捨てなきゃならないってのなら

結ばれることの障壁を考えて「禁断の愛」といえなくもないですが。

まとめ

いかがだったでしょうか。

話の本筋には関係がないですが、夏生が瑠衣に座薬を処方する描写があります。

座薬って久しぶりに聞きましたが、まだあるんですね(笑)

次巻は、新男キャラがでるみたいなので楽しみです。

それではまた次回、さようなら。

Return Top